土壌汚染調査Soil Contamination Survey

土壌汚染調査

環境省指定の調査機関として、土壌汚染対策法に基づいた土壌汚染調査を行っております。また、お客様のご要望に見合った対策法もご提案しております。自主的な調査から、法律で義務付けられている調査まで幅広く対応いたします。お気軽にお問い合わせください。

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の情報開示

調査が必要になる例

自主的に土壌汚染調査を行う場合

「所有する土地を売りたい」、「土地を担保に金融機関から融資を受けたい」、「土地の資産価値を知りたい」など

法律等で義務付けられている場合

有害物質使用特定施設の使用の廃止時、3,000平方メートル以上の土地の形質変更時で行政が認める場合、新潟県生活環境の保全等に関する条例に該当する場合など

土壌調査の一般的な手順

1 調査計画

土壌汚染調査計画を立てます。
調査の目的や状況に合致した調査を立案します。

調査計画

2 地歴調査

書類や土地に関する情報に基づき、過去に利用された履歴等をふまえ、汚染の可能性を調査します。

地歴調査

3 表層土壌調査

表層土壌を採取し、分析して、土壌汚染の有無を調べます。
汚染があった場合は、汚染の平面的な広がりを詳しく調べます。

表層土壌調査

4 詳細調査

汚染の深度方向について調査します。
汚染が確認された部分について、三次元的に汚染範囲を把握します。

詳細調査

5 対策

今後の土地利用方法などを考慮し、お客様のご要望に見合った対策方法を検討いたします。

対策

土壌汚染調査に関するご依頼・お問合せは環境部 環境企画課までお願いいたします。

お問合せはこちら
環境部 環境企画課